Interview: 100柄以上のマスキングテープをつかって、カラフルな名作絵画をえがく/船原七紗さん

trascraft_main


loftwork.comでは、5/29〜6/18の期間『TRANS CRAFT, INTO ARTS』というテーマで、4人のクリエイターのアートワークを紹介しています。
本特集では、「クラフト」というジャンルの領域を越えて、新しい表現を見出す4名のアーティストたちにフォーカスしながら、あらゆる人々を夢中にさせるクラフトアートの魅力をひも解いていきます。
ここでは特集に関連して、4人のアーティストそれぞれに制作の背景についてインタビューします。


数えきれないほどの種類のマスキングテープを、細かくちぎって作品を作り出すアーティスト・船原七紗さん。ムンクの「叫び」「真珠の耳飾りの少女」「モナ・リザ」などの名作絵画の曲線や色合いを、マスキングテープを細かくちぎって貼り合わせることで再現しています。

それらの作品は、みればみるほどその繊細さに驚かされます。また、マスキングテープを使うことで、元の作品がよりポップでカラフルにアップデートされているのも、船原さんの作品の魅力の1つです。
模写するだけでも大変な名画たちを、なぜマステを使って再現するのでしょうか? そこには、より多くの人々とアートとをつなぎたいという、船原さんの熱い思いがありました。


>>特集:TRANS CRAFTS, INTO ARTS – 熱狂するクラフトアート特集



bade4c65bf29fe3b2b1362c54b717890_660
《マステ遊び その②》



ーどんなきっかけで、マスキングテープを使って制作を始めたのですか?

大学の授業がきっかけです。
元々マスキングテープが好きで集めていたのですが、大学の授業で「顔を描く」と言う課題の際、普段描いていた油絵に少し飽きてきていたので、違う画材を使おうと考えました。その時、思いついたのがマスキングテープだったんです。
その時に初めてマスキングテープで制作した作品が、モナ・リザの模写でした。



ー船原さんの作品は、マスキングテープの色んな柄を美しく構成している点もが素敵です!作品を作るとき、どんな視点からマスキングテープの柄を選んでいますか?また、1つの作品をつくるのに何種類のテープを使用していますか?

例えば、富嶽三十六計の富士を制作した時には、和柄のマスキングテープを意識して使いました。その他にも、何かテーマのある作品があれば、それに近い柄を選んでいます。
あとは、観る人にじっくりと柄を探してもらいたいので、お寿司の柄やおにぎりの柄など、「こんな柄もあるんだ!」と思ってもらえるようちょっと変わったテープも、こっそりと入れています。

作品内の色数によって使うテープの数は変わりますが、少ないもので30種、多いと100種類近く使用していると思います。



1ede63c031451d6763ef5e35c61ccfe6_660
《マステ遊び その⑤》



ー作品のなかからおもしろい柄を発見するのも楽しそうですね。「マステ集めが趣味」ということですが、現在は何種類ほどのテープを持っているのでしょうか?

最近数えていないので正確な数は把握できていないのですが、170cmのカラーボックスの中には収まりきりませんでした!1000は超えているかなと思います。



ー1000種類!船原さんのお家にお邪魔して、テープに囲まれてみたいです…。マスキングテープで様々な名画をモチーフに制作していますが、モデルになる作品はどんなポイントで選んでいるのですか?

まず、その作品の著作権が切れているかかならず確認します。その中で、ある程度世の中で知られている名画や、または自分が好きで作りたいと思ったものを選んでいます。

名画を選ぶ理由としては、見たことがある作品だけれども、「こんな見方があるのか」など再発見してもらったり、興味をふかめてもらうことで、絵画作品や美術に触れ合うきっかけになればいいなと思っています。



ー元の絵画では暗い色の箇所や何もない空間に、あえて花柄のマスキングテープで彩ったりしていて、その作品の別の表情が見れて新鮮です。色んな柄がうまく重なりあっているのも、見ていて楽しいです!原画とちがう色使いは、どのようにしてきめているのですか?

色は、その場の気分で決めることが多いです。いつも何となく、ここにこの色があったらいいな、とか、この色の上にこの色を重ねたらいいんじゃないか、など、ふんわりと考えながら決めています。



13%e8%8b%a5%e5%86%b2%e8%99%8e
《マステ遊び その⑨》



ー制作工程の中で一番むずかしいところ、いつも悩むところがあったら教えてください。

1番難しいと感じるのは、顔のある作品です。私たちが見慣れているものが人の顔だと思うのですが、そのぶん顔のバランスの違いには敏感です。
目の位置や口元、輪郭が少しずれてしまうだけでもぜんぜんちがう人になってしまうので、なるべく元の顔のイメージそのままに制作できるよう、いつも気を付けています。



ーマスキングテープで顔のつくりを表現するのは、想像するだけでもむずかしそうです。1つの作品を完成させるために、どのくらい時間がかかりますか?

A4サイズでの作品が多いのですが、大学時代は2、3日程で完成させていました。最近は、日中に別の仕事をしながらの制作となっているので、もう少し時間がかかってしまっています。



f083bc48940cfbd8f18cf744045ee74b_660
《マステ遊び その③》



ー船原さんはマスキングテープアーティストとして、たくさんのメディアに注目され、取り上げられ活躍ていますね。制作をはじめてから、今まででいちばん印象に残っている出来事を教えて下さい。


いちばん印象に残っているのは、初めてネットメディアに取り上げて頂いたときのことです。大学の文化祭でマスキングテープの展示を行っていたところをお声掛け頂きました。これが、様々なメディアに取り上げていただくきっかけになりました。

また、マスキングテープのメーカーさんの工場で、作品を展示させていただけた事も印象に残っています。『鳥獣花木図屏風』という作品を制作したのですが、2枚の作品をそれぞれ3ヵ月ずつかけて制作した事と、それを憧れのマスキングテープメーカーさんの工場で展示させて頂けたので、忘れられない思い出になっています。



8f91fd44b2944eee77ffb7fa13d1dd84_660
《マステ遊び その⑧》



ー制作活動のなかで、今後チャレンジしたいことがあれば教えてください。

まだ実践できていないのですが、立体物にマスキングテープを貼って作品を制作したいです。考えているだけだとずっとそのままになってしまうので、少しずつ挑戦していければと思います。



ー告知等ありましたらどうぞ!

7月に、島根県にある浜田市世界こども美術館で開催する「体験型現代美術 アートパレード展」で、作品展示を行う予定です。
今までの主要作品が一同に並ぶので、ぜひお越しください。




Profile:

hunaharanasa船原七紗
武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。大学の授業でマスキングテープを使った模写を制作したことがきっかけではじめたマスキングテープアートが、海外のアートメディア『Spoon & Tamago』や『IGNITION』、テレビ番組などの様々なメディアで紹介され注目を集める。東急文化村『めざましモア展』、『mt factory tour vol.4』にて作品展示。鯉と柴犬が好き。

Portfolio: http://www.loftwork.com/portfolios/75san



Leave a comment

loftwork

loftwork.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top