Interview: パズルのように構成された欧文を作る / ウツミタクロウ

mojikoi_blog


loftwork.comでは、4/17〜5/7の期間『Mojiで恋する5秒前』というテーマで、3人のクリエイターのアートワークを紹介しました。略して「Moji恋」特集、です!


ブランドのロゴから看板文字に至るまで、「タイポグラフィ」の領域は多種多様です。本特集は、日本のポップカルチャーを彩る「文字」に注目し、3名の「POPなタイポグラフィ」を手がけるクリエイターたちのアートワークを紹介しています。
ここでは特集に関連して、3人のクリエイターそれぞれに制作の背景についてインタビューします。


グラフィティアートのような造形と、丁寧に作り込まれた構成を兼ね備えた欧文字を作るウツミタクロウさん。アルファベット1つに対して何種類もの案を考えてレタリングを制作し、文字の分解や構築を重ね、ストリートカルチャーを彷彿とさせるタイポグラフィーを作り上げています。またアイデアの引き出しが多く、雑誌からアパレル関係まで様々な雰囲気に沿った作品を作ることが出来ます。ウツミさんは普段、どのように制作しているのでしょう。作品完成の背景について伺いました。


>>特集:Mojiで恋する5秒前 Can’t stop falling love with Typography


1bfbc574e4b0781983c8229ab2c27dcb
typography



ーウツミさんは、ユニークな形の欧文デザイン作品を数多く生み出していらっしゃいますね!文字を作り始めたきっかけを教えてください。

幼少期から文字は身近な存在で、ワープロの外字エディタで文字やピクトグラムを作ったり、家にあったレタリングの本に落書きしたりしていました。

グラフィックデザインは独学で始めました。見よう見まねでドローソフトをさわり、要領が分かってくると細部まで弄りたくなって。
そうしているうちに、他人の作った書体を触ってるだけではしっくりこない気がしてきて。じゃあ、自分で作っちゃえってことで、文字を作り始めました。



ーウツミさんの作品はストリートカルチャーやグラフィティーアートの空気感を感じる作品が多く見受けられますが、特に影響を受けた作品・作家などはありますか?

Thrasher MagazineWarp RecordsThe Designers RepublicBuro Destruct、GASBOOKなど。



ー2009年の「typeface作品で、同じ言葉のタイポグラフィを18種類も作られていて、引き出しの多さに驚きました。文字を作るとき、どのようにアイデア出しを行うのですか?

タイプフェースは、自分のロゴデザインからアイデアを派生して作ることが多いです。
一旦ロゴを分解して組み立てて、これいけるぞってなったらダダーッと作ります。

積み木で作る家の完成形が何通りもあるように、文字にも色んな形があります。
そのため、1つの文字に対して10種類ほど作り、その時に合ったデザインを選んでいきます。

毎回、アートボードがオブジェクトで散乱するんですが、そのときは使わなかったオブジェクトも、後から見るとルビンの壷みたいに新しい発見がみつかることがあるので、一旦眠らせてから使うこともあります。

参考にしているものやモチーフはいっぱいありますが、正誤関係なく自分がいいと思うモノを選択するようにしています。
ただ情報が多すぎると感じた時は、精査するようにしています。



d1073d54a6d8892d6ee51ead881e7e49
A-Z



ーたくさんのアイデアから厳選しているからこそ、シンプルかつインパクトのある文字が出来上がるんですね。
カラフルな作品が多いですが、配色へのこだわりはありますか?


子供の頃、色を塗ったり配色することが苦手だったんです。絵の具でグラデーションを作るのに、水で薄めすぎて画用紙に穴を空けてしまったりしていて。
その反動か、パソコンを使うようになってからは、一瞬で塗り直しできたりRGBなんかも使えたりするのがたのしくなってしまって。ついつい遊んでしまって、結果的にカラフルになることが多いです。

ただ、配色には今でも少し苦手意識があります。
自然界や国旗、伝統的な衣装などの、昔から変わらず残ってきたカラーパレットには間違いがないと思うので、観察するように心がけています。



ーウツミさんのカラフルな色合いは見ていて楽しいです!特に作品「A-Zは、アルファベットごとに、色だけでなくイメージやかたちも変えていてワクワクします。これらのユニークな形は、どんな場面からインスピレーションを受けましたか?

新聞の切り抜き文字で作った怪文書、あれってインパクトなかったですか?
判じ絵やトリックアートの「あっそうなのか」って、分かるか分からないかのギリギリなところがおもしろくて、影響を受けていると思います。



ー最後に、今後チャレンジしたいことや、目標があったら教えてください。

様々なルールやテーマでデザインをしていく中で、不器用なりにも自分自身のスタイルや可能性を表現していきたいです。



ー分解や構築によりつくられた、グラフィティアートを想起させるウツミさんの文字作品、今後も楽しみです!ありがとうございました。




Profile:

utsumiウツミタクロウ
1978年生まれ。神戸在住。グラフィックデザイナー。
独学でデザインを始める。パズルのような構築を好み、タイポグラフィーなどユニークな作品を数々生み出している。
アパレルへのデザイン提供や、デザイン誌でアートワーク展開するなど、多方面で活躍する。

Portfolio: http://www.loftwork.com/portfolios/takuroutsumi



Leave a comment

loftwork

loftwork.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top