Interview: まいにち1つ、新しい文字デザインを生み出す文字デザイナー / kawakami daiki

mojikoi_blog


loftwork.comでは、4/17〜5/7の期間『Mojiで恋する5秒前』というテーマで、3人のクリエイターのアートワークを紹介しています。略して「Moji恋」特集、です!


ブランドのロゴから看板文字に至るまで、「タイポグラフィ」の領域は多種多様です。本特集は、日本のポップカルチャーを彩る「文字」に注目し、3名の「POPなタイポグラフィ」を手がけるクリエイターたちのアートワークを紹介しています。
ここでは特集に関連して、3人のクリエイターそれぞれに制作の背景についてインタビューします。


一人目はバリエーション豊かな文字作品を習作として日々、独自で制作しているkawakami daikiさん。
一つ一つの作品に個性が光るkawakamiさんの作品は、ひらがなや漢字の部首や造形を崩したり省略することで、次々に新しい形を生み出しています。また文字デザインだけでなく、思わずクスッとしてしまうダジャレのようなユニークなコピーも見どころです。今回はそんなkawakamiさんに、文字デザインの背景についてインタビューしました。


>>特集:Mojiで恋する5秒前 Can’t stop falling love with Typography


%e4%b8%8b%e6%89%8b%e3%81%ae
下手の横好き上手に縦



ーkawakamiさんは、欧文タイポグラフィから簡体中国語をイメージさせる漢字の文字デザインまで、幅広いジャンルで文字の作品を作っていますね。タイポグラフィをつくり始めたきっかけを教えてください。

2年ほど前からデザインの習作としてはじめました。
もともと袋文字をフリーハンドで描くのが好きだったり、街看板の個性的な文字が好きだったりと文字デザインへの興味があり、毎日作り続けたら面白いかなとふと思ったのがきっかけです。



ーkawakamiさんの作品は文字デザインだけではなく、ダジャレのようなコピーも魅力的です。コピーは、いつもパッとひらめくように思いつくのですか?

ダジャレ多いですね、お恥ずかしい。笑
ひらめくように思いつく時もありますが、似ている言葉をしかめっ面しながら捻り出す時もあります。日常で見たり聞いたりした面白い言葉から連想して、思いついたらすかさずメモしてストックしています。
ただ文字をデザインするだけでなく、コピーを表現するイメージだったり、コピーとイメージが矛盾してたりする事で生まれる、なんだかへんてこな面白さも表現できればと思っています。



ーコピーにもこだわりが詰まっているのですね。
作品のイメージは、どういった過程で出来上がるのでしょうか?


コピーから最終的な作品のイメージを想像して、ラフなどは作らずに文字やイラストを作り、レイアウトしてます。レイアウトの段階で文字を作り直す事もあったり、全体が気に入るまでずっとコネコネいじってます。

あとは過程の段階で生まれた偶然を大事にしたり、できるだけ色んな技法や方向性を試してみようと意識して作っています。




www-ucarecdn
起き抜け気の抜けたサイダー



ーこれまで影響を受けたクリエイターや作品にはどんなものがありますか?

The Designers Republic』や、『TOMATO』のタイポグラフィー、写真・アイコンなどを効果的に使った作品と制作スタイルにすごく衝撃を受け、影響されています。
また、以前建築を勉強していたこともあってプロダクトやインダストリアルデザイン、それとファッションやテキスタイル・デザインにも興味があります。カラフルな配色やパターン、立体的な表現などにそのあたりの影響が表れているのかなと思います。



ー建築を勉強していらっしゃったとは意外でした。デザインに対していろいろな角度から観察・アプローチしているからこそ、タイポグラフィでもチャレンジングな表現やアイデアが生まれるんですね。
なかでも、漢字のタイポグラフィ作品の可読性のギリギリを狙う表現は面白いです!漢字の文字デザインのあしらいに、並々ならぬこだわりを感じます。


漢字のデザインは、コピーを含めた全体のイメージに合うように、効果的に崩したり省略したりしています。漢字特有のリズムを大切にしたくて、筆順や「とめ・はね・はらい」などの気持ちよさを表現できたらなと。それと、コピーとしての意味的なまとまり感も意識してます。
漢字って決まった形のようで、実はすごく種類があって、象形文字や旧字、行書や略字など、1つの漢字でも歴史や使う人・場所によって何通りも形があります。それでも、読み手がなんとなく認識できてしまうのも漢字の文字デザインの魅力ですね。



ー今後、チャレンジしたいことを教えてください。

映像や布地・立体など様々な媒体での表現に挑戦してみたいです。
文字デザインする手法もデジタルだけでなく、紙や自然にある素材をパズルのように組み合わせてみたり、いろんなものにインクをつけて書いてみたりと手作業で起こる面白さなども探っていきたいですね。



ーデジタルの手法以外で表現されたkawakamiさんの文字デザインも、ぜひ見てみたいです。ありがとうございました!




Profile:

profile_kwkmkawakami daiki
日本語の文字デザイン、日本語ならではの言葉遣いや言い回しに魅力を感じ、個人活動としてデザイン制作などをしています。2015年に習作として毎日1つ文字デザインを制作。東京在住。左利き。

Portfolio: http://www.loftwork.com/portfolios/tw_kwkm___
Website: http://kwkm-daiki.tumblr.com/



Leave a comment

loftwork

loftwork.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top