パッケージからはじまるドラマな時間

パッケージを見ていると、まるでプロダクトそのものが人格を持ったキャラクターのように思えてくる瞬間があります。


ギラッとした都会派・肉食系なものから、ほっとするような牧歌的なもの、知性派など。それぞれフィットするユーザー層やシチュエーションが様々に想起されます。そのプロダクトが置いてある場所、使われる瞬間に生まれるドラマを想像(妄想?)しながらパッケージを見つめるのも、またデザインの楽しみ方のひとつかもしれませんね。


さて、春のパッケージデザインウィークも今週でいよいよ最終週。今週は、見る人のイメージを掻き立てる、パッケージからドラマが生まれるようなデザインを選んでみました。


(Loftwork.com 編集部)



*ここで紹介しているのは、4/6~12までの1週間、Topページの「Creation of the Day」で紹介しているパッケージ8作品です
*作品画像をクリックすると、詳細ページにジャンプします。ぜひ、作品へのLove it!お願いします


KHARIE by 本田 篤司さん

こちらはなんと高級トイレットペーパーのパッケージ!中身は真っ赤と真っ黒なペーパーなのだそうです。
このラグジュアリー感は六本木か銀座向けでしょうか。ギフトとして贈るのも楽しそうです。


28c2693d337bfe51aa6cfe5d8a8b85a9_660-1


庭のハーブティー by 平野達郎さん

カラフルな屋根のお家型パッケージは、何個か揃えておきたくなります。
余白のあるやさしいデザインから、おうちでゆったりとハーブティを飲むシーンがイメージできます。


274dfd44c3c42340a7b64a4da8eb3f05_660


Sankakkei packaging | Trinity series by Creation Artsさん

こちらはオランダのクリエイターさんが制作したSankakkeiという名のパズル(学習教材?)です。
組み合わせて様々な幾何学形態が作成できます。黒とパズルの三角形を活かした知的でミステリアスなデザインが印象的です。


c69635fe2ae80f07fa857fade953a58c_660


紅芋パイ by 慶本 俊輔さん

紅芋の切り口がきれいでとっても美味しそう。
甘い香りが今にも漂ってきそうです。


586cce71f674481a41660f795fee2e70_660


poplip by 西谷 伶さん

三角形のパッケージを花のように開くことで、中身がシェアしやすい構造になっています。
一つのお菓子をきっかけに自然とコミュニケーションの輪が広がります。


ada20b4b785b0c42af3a0e8493a15c34_660


玄米乳 by 本田 篤司さん

「玄米乳」は、石垣島の伝統的な飲み物です。
玄米を象徴した稲穂と石垣の海と太陽を白色単色で表現し、素朴さと高級感を兼ね備えたデザインに仕上げています。
品のあるあたたかい味わいが想像できますね。


0606f9286f8e9a34447f6f0d2819cd5f_660


HONEY by くるみもちさん

ハニカムをイメージしたラベルがシンプルでスタイリッシュ。
「夜のはちみつ」といった感じでしょうか。


ccb8150ee566793763f01a4945ba3ffe_660-1


にごり黒糖ジンジャーシロップ by YNさん

ほっこりと可愛らしい風合いが穏やかな気持ちにさせてくれるデザインです。
てっぺんに付いたタグからは中身へのこだわりと信頼が感じられます。


74eae05902a1be2a54204e60e3c4be88_660





Pinterest “Package Design Bord” もチェック!

こちらのPinterestボードには、よりたくさんのパッケージデザインが紹介されてます!
パッケージデザインウイーク中はどんどん更新しますので、ぜひフォローしてくださいね。


Follow Loftwork.com’s board Package Design on Pinterest.

Leave a comment

loftwork

loftwork.com 編集部です|

loftwork

Subscribe Scroll to Top