next
back

headerimg

make it

make it

Click on Love it! and support other creators!

When you log in and click on Love it!, the works will appear in your favorites. Register an account in just one easy step.

メガネの端材ほど悲しい物はないとおもいます。
メガネのために樹脂を錬成しても、使われるのはフレームのデザインのところに合ったものだけ。
レンズ部分になったかなりの樹脂がすてられていく。樹脂からしたらば、商品になるかどうかは運次第です。
フランケンシュタインの物語のように、製造の責任を考えさせられる話です。



この端材たちは何になりたいだろうか。
もう一度チャンスをつくるなら、私はやはりメガネにしてやりたいと思いました。

端材をくり抜いて、パズルのように合わせてフレームの半分にする。
余った切りかすは細かく切ってメガネのつるを飾り、余す所なく端材をメガネにする


’make it’ という名前は「ついにフレームになったぞ」という意味と「オンリーワンのフレームをつくる」という意味をこめています。
いろいろな色の端材でパーツを作れば、オンリーワンのデザインのフレームになります。

端材の一枚からオンリーワンのフレームへ。端材を生まれ変わらせたいという思いで考えました。

Kyoko Fukuda / agura

  • 693
  • 3
  • 0

by-nc-nd
Sep 02,2013 Updated

TAGS

Other Works