features

2009/08/28 EVENTS EVENTS

フランソワ・ピノー氏の現代美術館「プンタ・デラ・ドガーナ(Punta della Dogana)」フォトレポート

2009年6月に、ベニスにできたばかりの美術館、ブンタ・デラ・ドガーナ。サン・マルコ広場の対岸にある、この歴史と新しさとを兼ね備えた美術館ですが、実は、現在開催中のベネチア・ビエンナーレ以上に感動的なのです!

本特集では、アート大好き・ロフトワーク林千晶が、その中身を、貴重な写真とともにレポートします!!

プンタ・デラ・ドガーナ美術館の外観
プンタ・デラ・ドガーナ美術館の外観

エントランスのビーズ(キューバ人アーティスト、フェリックス・ゴンザレス=トレスの作品 Felix Gonzalez-torres)
エントランスのビーズ(キューバ人アーティスト、フェリックス・ゴンザレス=トレスの作品 Felix Gonzalez-torres)

この美術館、半端ないんです。オーナーは、世界を代表するアートコレクターのフランソワ・ピノー氏が運営する財団。17世紀に建てられた古いベニスらしい建物をグッゲンハイムとの入札争いに勝って取得、安藤忠雄にリノベーションを依頼。2009年のベネチア・ビエンナーレの開催と同じタイミングで美術館もオープンしました。

威厳ある重厚な真っ白な外壁に安藤忠雄のミニマルなコンクリート、その中に世界を代表する現代美術の作品たちが所狭しと飾られている。歴史ある建物の中に収められているから余計に現代アート作品の表情がいきいきと浮かび上がり、ゴージャスな空間を生み出していました。

まず、感動的だったのはエントランス。無機質なコンクリートの入り口を抜けると眼前に赤と白のビーズのカーテンが立ちふさがります。ビーズのカーテンのエントランスなんて気が利いていると思いませんか?

イタリアのアーティスト、マウリツィオ・カテランの作品(Maurizio Cattelan)。動物の剥製や骨などを用いたメッセージ性の強いインスタレーションが有名。
イタリアのアーティスト、マウリツィオ・カテランの作品(Maurizio Cattelan)。動物の剥製や骨などを用いたメッセージ性の強いインスタレーションが有名。

さあカーテンを開けると目に飛び込んでくるのが、空中を飛んで壁を突き抜けそうになっている馬!いきなり衝撃的です。

そして床にはこの建物の歴史を詰め込まれたような柔らかな色の樹脂ボックスが敷き詰められていました。豪華な眺めにため息がでてしまいます。

レイチェル・ホワイトリードの作品(Rachel Whiteread)
レイチェル・ホワイトリードの作品(Rachel Whiteread)

隣の部屋に移るとそこにはまた新たな驚きが!三面が同じアーティストの大きな作品で囲まれている。

透け感のあるベースにマットなイラストが重ねられている作品。その不思議な違和感がなんともクールで目が釘付けになりました。

その横は今度は無彩色のメタリックな世界。シルバーの作品とコンクリートの壁、歴史を感じさせる煉瓦の柱とのコントラストが、洗練された空間を生み出していました。

ジグマー・ポルケの作品(Sigmar Polke)
ジグマー・ポルケの作品(Sigmar Polke)

マシュー・デイ・ジャクソン(Mathew Day Jackson)
マシュー・デイ・ジャクソン(Mathew Day Jackson)

二階に上がると、さらに豪華な作品がお目見えします。

サイ・トゥオンブリーの柔らかくて心が和む巨大なドローイングがあるかと思えば、ジェイク・アンド・ディノス・チャップマンのガラスケースの中に数千体のプラモデル風の人形を使って戦争の地獄を表現している作品もある。

チャールズ・レイの真っ白の彫像や日本人アーティストの杉本博司や村上隆などなど、アートに詳しくない私でも知っているような有名なアーティストの作品がこれでもか! とばかりに展示されていました。

中国のアーティスト ホワン・ヨンピン(Huang Yong Ping)
中国のアーティスト ホワン・ヨンピン(Huang Yong Ping)

村上隆
村上隆

杉本博司
杉本博司

チャールズ・レイ
チャールズ・レイ

ふぅ~。写真を見ているだけで、感動がよみがえってきました。もう言葉の説明は要りませんね。これからベネツィア・ビエンナーレを見に行く人、ぜひプンタ・デラ・ドガーナにも行ってみてください。

場所は下の地図の三角の部分です。(クリックでGoogle Maps にリンクします)

page top

Related article

  • img

    Get ready for PauseDraw × SKETCH NOTE Tokyo & Kyoto!

    How’s that person beside me drawing? Let’s get together and draw! 【NEWS】 The event will be also held in Kyoto on 29th To commemorate the release of the only SKETCH NOTE in the world that can produce notes, we will be getting together for the sketching event PauseDraw × SKETCH NOTE on Sunday May 22n…

    2016/04/21Event
  • img

    Event Report “ Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw ! ”

    On Saturday, October 10th, we held “Drawing To Go,” a workshop where participants used coffee cups as their canvases.“Drawing To Go” is a project by illustrator Mariya Suzuki in which sceneries and people are drawn on disposable coffee cups.What sorts of scenes will appear on the cups, from the eyes…

    2015/10/19Event
  • img

    Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw!

    Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw! Sketch a cafe scene and bring to life the sounds, aromas, and sensations.Cafes are frequented by folks from all walks of life. They are gathering spots for a myriad of people such as creators, artists, makers and engineers. Cafes are where communities…

    2015/09/24Event
page top