features

2010/11/19 EVENTS EVENTS

「dotFes」レポート vol.1 : デュエルしようぜ!? コミュニケーションを生むココノヱの「撃墜王ゲーム」

左から、寺井、吉澤、中田でお送りいたします!

Webのものづくりは、もはやブラウザの中だけにとどまらない! よりフィジカルに、よりリアルに楽しめるクリエイティブが、Web制作の現場からどんどん生まれています。

そんなことを感じさせてくれたイベントが、2010年11月14日(日)、3331アーツ千代田にて開催された「dotFes 2010」。 「とびだせ! インタラクティブ」をテーマに、今最も注目されているWebクリエイターが一堂に会し、インタラクティブ作品とプレゼンテーションを発表するショーケース的なイベントです。

本特集では、ロフトワークのインタラ好きスタッフ、中田、寺井、吉澤の3人がdotFesでみつけた、注目作品を全2回にわたって、レポートします。
Webのものづくり技術でここまでできるなんて!と、思わず息をのむ圧巻の作品たちをご覧あれ。




デュエルしようぜ!? コミュニケーションを生むココノヱの
「撃墜王ゲーム」―by 中田 一会

魔法のカードをボードに切りだす主人公。彼が合言葉を叫ぶと、モンスターや騎士が飛び出し、壮絶な決闘がはじまる!! ……というのはマンガの世界ですが、そんな少年たちの夢を叶えてくれる企画で、展示会場を盛り上げたチームがいました。岡山県の個性派制作会社「ココノヱ」の皆さんです!

この「撃墜王ゲーム」の面白ポイントをご紹介します!





面白ポイントその1: オリジナルの戦闘機カードで参戦できる!

この「撃墜王ゲーム」が普通のカードゲームと違うのは、その場で描いた自分のイラストが使えること。輪郭線がはっきりしていれば、どんな形の戦闘機でもOKで、取材スタッフもそれぞれマイ戦闘機を制作しました。

カードにイラストを描いているところ

エントリーの様子

































面白ポイントその2: 描いてその場でエントリー。イラストが飛び出す!

マイ戦闘機カードを液晶ボード上に置くと、対戦にエントリーされます。カードのイラストはそのまま画像として取り込まれ、なんと戦闘機が飛び出します! 私のうさぎ型戦闘機「うさご」は果たしてどうなるのでしょうか!?

エントリーしたカード「うさご」

 

カードからイラストがとびだす!

































面白ポイントその3: かわいくて、どこか懐かしい対戦アニメーション!

「ズキューン」「バキューン」「ピピピ」といった、可愛い効果音に合わせて、戦闘機がたちが勝手に動きだします。どんな武器が使えるかなどの「強さ」は、イラストで描かれた形や色によって決まるそう。

対戦時のアニメーションは、テレビゲーム時代のシューティングゲームに近い印象。どこかレトロで愛嬌あるインターフェースが、大人から子どもまで直観的に楽しめるゲームに仕上がっています。ちょっとしたアニメーションや効果音まで、ほんとうに完成度が高い!

対戦の結果、私のうさぎ型戦闘機「うさご」は、みごと優勝しました。(「左右対称のほうがいい」「色をたくさん使うといい」というココノヱさんのつぶやきを聴き逃さず、大人げなく勝ちを狙いにいった甲斐がありましたね!)我が子の勝利は、想像以上にテンションが上がりました。

優勝ショット





マッシュアップでコンセプトの強度を高める!

カンファレンスで「撃墜王ゲーム」の技術解説をするココノヱの皆さん。

撃墜王ゲームは、主にAdobe AIRと、C++で使える画像処理ライブラリOpenCV等をマッシュアップして作られているそう。また、ハード面では、ウェブカメラとプログラム制御が可能なデジタルカメラを使用。アリ物とオリジナルをうまく組み合わせることで、約4秒でカードのイラストをスキャンし、アニメーションを開始できる軽快なプログラムを実現しています。

ココノヱさんの今回の素晴らしい点は、技術とアイディアはもちろんのこと、「シンプルなコンセプトの強度」を披露されていたことです。実力派揃いのdotFesで、ともすれば、技術の巧みさや、目新しさが先立ちそうですが、隅々まで「みんなが楽しめること」にこだわった作品が来場者の共感を呼んでいる様子でした。私もとっても楽しかったです!

次に撃墜王ゲームにお目にかかれるのは、11/21(日)~12/27(月)で開催される京都のkara-Sで開催される『「dotFes2010@3331 Arts Chiyoda」アーカイブ展』の予定(ココノヱさんの作品展示は12月4日からスタート)。今回のdotFesに行けなかった方、気になったらぜひ遊びにいってみてください。

dotFesレポート Vol.2では、くるくる研究室と1→10design のレポートをお伝えします!!

page top

Related article

  • img

    Get ready for PauseDraw × SKETCH NOTE Tokyo & Kyoto!

    How’s that person beside me drawing? Let’s get together and draw! 【NEWS】 The event will be also held in Kyoto on 29th To commemorate the release of the only SKETCH NOTE in the world that can produce notes, we will be getting together for the sketching event PauseDraw × SKETCH NOTE on Sunday May 22n…

    2016/04/21Event
  • img

    Event Report “ Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw ! ”

    On Saturday, October 10th, we held “Drawing To Go,” a workshop where participants used coffee cups as their canvases.“Drawing To Go” is a project by illustrator Mariya Suzuki in which sceneries and people are drawn on disposable coffee cups.What sorts of scenes will appear on the cups, from the eyes…

    2015/10/19Event
  • img

    Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw!

    Drawing To Go – Grab a cup of coffee and draw! Sketch a cafe scene and bring to life the sounds, aromas, and sensations.Cafes are frequented by folks from all walks of life. They are gathering spots for a myriad of people such as creators, artists, makers and engineers. Cafes are where communities…

    2015/09/24Event
page top